漫画「血の轍」を無料で読む方法【漫画村・漫画タウンでも読める?】

この記事では漫画「血の轍」を無料で読む方法をまとめています。

「血の轍言う漫画を書店や広告などで見かけた事があるでしょうか

血の1990代頃の地方都市の一見平凡な家庭に焦点を当てたホームドラマ作品です

不安定な母と子の関係が描かれた漫画となっています。

漫画「血の轍」を無料で試し読みする方法

「血の轍」を無料で試し読みする方法をご紹介します。

無料で試し読みする方法は、VODサービス使って読むというものです。

VODはビデオ オンデマンドサービスの略で定額でアニメや映画を見ることができるというサービスです。

いくつかのVODサービスは漫画も見放題になっています。

 

ほとんどのサービスは○日間無料という特典がついているので、その間に読むと無料で漫画を読むことができるんです。

*無料で読めない作品もありますが、定期的にもらえるポイントで読むことが可能です。

 

それぞれのVODサービスについて見ていきます。

FODプレミアム
Hulu 漫画の取り扱いなし
U-NEXT
dTV 漫画の取り扱いなし
music.jp
ビデオマーケット 漫画の取り扱いなし

※実際に筆者がそれぞれのVODサービスに加入して調べた結果です。

この中でFODを一番おすすめしています。

31日間無料がついているというのと、毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、十分無料で楽しむことができるからです。

>>「血の轍」を無料で読む

血の轍を漫画村や漫画タウンで読む

海賊版サイトでも読むことは可能です。

URLは下記になります。

漫画村や漫画タウンは違法サイトなので、リスクが多くあります。

画質が悪いだけではなく、ウイルスに感染する危険性もあります。

リスクを十分理解した上で利用するようにしましょう。

参考URL:

miomioの閉鎖について

anitubeの閉鎖について

漫画「血の轍」のあらすじ

血の1990代頃の地方都市の一見平凡な家庭に焦点を当てたホームドラマ作品です

しかし過去にも様々な物事を題材に一味違うキレとインパクトを見せ続けてきた押見先生の作品ですから平穏無事にとは行きません

 

お父さんが仕事に励み子供は元気に学校に行きといった典型的な小規模中流家庭の主婦静子はとても美しくまた穏やかな雰囲気と表情の持ち主であり息子の静一を常に大事にしてきました

静一が中学生になった今でも折に触れてハグをしたりキスをしたりする愛情表現は濃厚かつ密接でもあり親戚の子からもカホゴ言われることもありますが親子の絆はあくまで固く確固たるもののように見えました

しかし、思春期まっさかりの静一が徐々に親子や身近な友達とだけではなく近くにいる女の子とも仲良くなり始めたことでそのにもにわかに変化が見え出します

 

静一は吹石さんという女の子と遊ぶ約束を取り付けたりと他の男の子とは違うちょっと充実した学校生活を送るようになり始めます

一方長部家にも親戚付き合いはありおばさんとともにしげちゃんという男の子が頻繁に遊びに来ていました

静一にとってしげちゃんは年が同年代なこともありちょっと口うるさい親友といった立ち位置ですがとにかく自分の家庭を大雪にしてしまう静子にとっては彼らは目障りな存在以外の何者でもありませんでした

 

常識的な部分を持ち合わせてもいる静子はそうした態度を表に出すことはなく故に関係は温和に進展していましたが休日に行った山登りで状況は一変してしまいます

お調子者のしげちゃんは日頃と変わらず言うよりも行楽でテンションがさらに上がった感じで静一にちょっかいを出し崖の近くで静一をふざけて押すような態度に出たのです

これはさすがにやり過ぎですが静子は有り得ないほどにうろたえますがしげちゃんはその変化には気付かずに調子に乗り続け止めに入った静子にも嫌な態度を取ります

そのためキれてしまった静子はしげちゃんを下に突き落としてしまいます

その後完璧に事故を装う彼女でしたがそこで決着とはなりません

静一は母親の実像を知ったことで苦しみ静子は不自然態度を突かれていきます

その描写はとても緻密で読んでいて恐ろしいものがありました。。

血の」の感想まとめ

血の」に関する感想・口コミをまとめていきます!

読むか悩んでいるという方は必見です。

何気ない一言や、行動に対して相手の気持ちを考えてはいるだろうか。つもり積もればそれは毒にもなる事だってありえる。そんな押見ワールドの新たな序章にふさわしい一巻。

毒親の話と聞いて虐待かと思いきや過保護‼︎
物語の静かな滑り出しからは想像しがたい、息を飲むラスト。。早く2巻が読みたくなる‼︎
子を持つ親として、どうあるべきか考えさせられる話です。

書店でタイトルが気になってはいたものの、押見作品を読むのは初めてだ。
毒親、というフレーズと表紙の妙なリアル感に惹かれて購入した。

確かに他のレビュー通り、リアルで濃密に描かれた日常の端々に不穏さを感じる。
その端々に残る違和感が終盤に形となって現れる。

説明的な台詞やナレーションの類は一切無く、状況描写が丁寧に描かれていきます。

読んでいて手に汗握る感情になっていきます。

評価の高い、押見修造先生ワールドを体験してみてください。

>>「血の轍」を無料で試し読みする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です