Fifth Harmony(フィフスハーモニー)のおすすめ曲9選!無期限の活動休止を発表した彼女たちの名曲をおさらい♪

Fifth Harmony(フィフスハーモニー)は結成時5人。現在4人の女性だけのグループです。

メンバーはこのようになっています。

・アリー・ブルック

・ノーマニ・コーディ

・ローレン・ハウレギ

・ダイナ・ジェーン

・カミラ・カベロ(2016年12月19日に脱退を発表)

アメリカ合衆国のガールズグループです。

2012年7月のオーディション番組「Xファクター」から誕生したグループで、全員の歌唱力はお墨付き!

曲調はポップとR&B、彼女たち自身は「レトロな感じ」だと言っています。

また、2018年2月26日に初の単独ジャパン・ツアーを開催したにも関わらず、年内予定の公演をもってソロ活動に専念するために無期限の活動休止を2018年3月19日に発表し話題になりました。

メンバーの脱退や突然の活動休止など世間をびっくりさせる彼女たちですが、人々を魅了する歌声やパフォーマンスは圧巻です。

活動休止前にぜひ彼女たちの歌声に魅了されてください!!

 

それでは、FifthHarmony(フィフスハーモニー)のおすすめ人気曲9選をお楽しみください!!

Fifth Harmony(フィフスハーモニー)のおすすめ曲9選

Work from Home

直訳すると「在宅勤務」

2016年リリース。

この曲は主に、R&Bトラックで、男女の営みのわんきょく表現として「仕事」と書いている曲になります。

曲調は全体的に落ち着いた感じのノリの良い音楽です。

また、途中脱退したメンバーのカミラ・カベロの特徴的な声が聴けるなかなかない曲ではないかと。。

また、PVは音楽監督の自宅の建設現場で撮影された。

彼女たちと建設現場とのなかなかない場面をぜひご覧ください。

Worth It ft.Kid Ink

直訳すると「価値がある」

2015年リリース。

歌詞の内容が「私にそれを与えなさい。私にはその価値がある。」と書かれているが、

じょ、、女王様??(笑)

この曲も、ノリがよく思わず鼻歌を歌ってしまいそう。。

5人のハーモニーがとても良い曲です。

このPVは、自分の価値観・自信・女性のエンパワーメントをコンセプトに作られております。

中にはとてもセクシーなところもありドキドキさせられます。

All In My Head(Flex) ft. Fetty Wap

直訳すると「私の頭の中のすべて」

2016年リリース。

曲調は、レゲエよりになるかな?

この曲は、ソロパートが多くあり、それぞれの声が堪能できます。

また、コラボしているフレックスの特徴ある男性ー!て感じの声もお楽しみに!

フレックスが入ってるからレゲエぽいのかも。

また、PVはとてもセクスィーになっております。目の保養。

BO$$ (BOSS)

直訳で「ボス」まんまですみません。

2014年リリース。

曲調は、フィフスハーモニーには多いR&B。

拍手(手拍子)が入っている曲で思わず真似したくなりますよ。

タイトルに$マークが入っていますが、これは「自立した女性になろう」「自分のボスは自分だけ」というメッセージ込められています。

強い女性ですね。

PVも歌詞の内容に合わせられて作られており、きちんと仕事もしている、お金に困っていない、男性には簡単に負けない。というメッセージがあります。

I’m In Love With a Monster (from Hotel Transylvania 2)

直訳で「モンスターに恋しているよ」

2015年リリース。

歌詞は、変わった人、いたずらな人と恋に落ちる人についてのことで、変わった人いたずらな人を「怪物」に例えています。

ノリがいい曲です。

この曲は、アニメ映画「モンスターホテル」の続編、 ホテルシルバニア2のサウンドトラックとして有名です。

PVも、ホテルシルバニアの女の子のキャラクターに扮しています。

ところどころアニメ映像でてきますよー。映画の内容ががきになる…。

That’s My Girl

直訳すると「それは私の彼女」

2016年リリース。

曲調は、フィフスハーモニーには多いR&Bなので、明るい感じになっております。

訳し方は人それぞれなので一概には言えないが、個人的には応援歌みたい。

「その調子。その調子。落ち込んでも今までちゃんと立ち上がってきた。その調子。さすがね。 」

と、親が子供を褒め、時に励ましている感じに感じた。

つらいときによく聞く曲の1つです。

PVはまるで映画見たい!!ド迫力でかっこいい映像です!

Me & My Girls

直訳で「私と私の女の子」

2013年リリース。

曲調はPOPな感じになってます。実際の彼女たちの若さ、フレッシュさが伝わってくるような元気な曲です。

歌詞のテーマは「十代」

十代のはっちゃけた感じが書かれています。

PVは、フィフスハーモニーには逆に珍しい普通の女の子の恰好。(いつもはセクシー路線)

歌詞と一緒で若いフレッシュさがあふれている映像です。う、、羨ましい。

Down ft. Gucci Mane

直訳で「ダウン」まんまで。

2017年リリース。

曲調はノリがいい曲が多いフィフスハーモニーには珍しい静かな曲です。

歌詞的には、男女の愛を描かれています。

私はあなたを愛し続ける。私もこんな風に思われてみたいです。

PVは、駐車場に紫の照明をつけ、ダンスホール風でどこかエロティックな感じです。

 

Sledgehammer

直訳で「スレッジハンマー」

2014年リリース。

曲調はダンスポップでノリがいい。

曲は静か目で彼女たちの歌声を邪魔しないようになっております。

歌詞は乙女チックなラブソングで青春時代の恋愛模様が描かれています。

相手を思うと心臓がドキドキして。ハンマーでたたかれるみたいになるところが由来かな?

ちなみに余談ですが調べたところ、スレッジハンマーていうカクテルがありました。関係あるのかな?

このPVは、フィフスハーモニーには珍しく背景が大人しい(笑)

まとめ

フィフスハーモニーの曲は全体的にノリがよく英語が分からなくても耳に残る曲ばかりです。

私は落ち込んだ時にはよく聞きます。

落ち込んだりしたときはぜひ。

また、歌詞の内容は、女性目線ばかりなので、女性は特に共感が持てるのでは。

男性も女性の女ごころの参考にしてみてください(笑)

 

以上、FifthHarmony(フィフスハーモニー)のおすすめ人気曲9選でした!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です