「八男って、それはないでしょう」を徹底レビュー!ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

 

ライトノベル作品が漫画として登場です。

Y.Aの小説と藤ちょこがイラストを担当します。

主人公は、二流商社に勤務する一宮信吾。

ある日の朝、目が覚めるとそこには異世界が広がっている。

しかも貧乏な貴族の家の八男!

貧乏で生活に困ると考え主人公の一宮信吾は行動に移しはじめます。

>>「八男って、それはないでしょう」を無料で読む方法をチェックする

「八男って、それはないでしょう」のあらすじ

 

二流商社に勤務する商社マンの一宮信吾。

ある日の朝、目が覚めるとそこには見慣れない景色が広がっていた。

それだけではなく、自身が貧乏な貴族の家に生まれた八男であることが発覚。

主人公の一宮信吾は、異世界ではヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター(愛称ヴェル)5歳であることに気づく。

 

貧乏な貴族の家でこれからの暮らしに、今のうちから行動に移さなければ手遅れになると考えた主人公のヴェルはある行動に出ます。

幸いにも主人公のヴェルは魔法球と呼ばれる魔法の才能がありました。

自身のアレンジを加えて魔法の修行をはじめます。

最短で独立を目指すために冒険者のための予備校に通い始めます。

冒険者の予備校では、特待生という実力を見せます。

この魔法でお金を稼いでいこうと考えます。

 

同じ予備校に通うエルヴィン・フォン・アルニムとは、主人公のヴェルと似た環境で育ったことから共通点が多くありました。

エルヴィンは剣の技術が高く特待生です。

そのこともあり、ふたりは次第に仲が深まっていきます。

予備校は午前中で終わるので、仕送りなどがないふたりは狩りに出かけます。

お互いに魔法を使って獲物を仕留めます。

どちらが多くの小動物を狩ることができるのか競争したりと過ごしていました。

 

それから予備学校で剣使いのエルヴィンと体術のルイーゼ、やり使いのイーナーと@アパーティーを組み新たに物語が幕をあけます。

 

>>「八男って、それはないでしょう」を無料で読む方法をチェックする

「八男って、それはないでしょう」の結末は?

 

 

主人公のヴェルの元に、王都に住む兄から結婚式の招待状が届きます。

仲間と共に向かうが巨大な龍と遭遇するアクシデント発生!

それから冒険者でありながらも貴族となったヴェルの人生は波乱万丈。

元の世界に戻らないまま異世界で婚約をするこに

>>「八男って、それはないでしょう」を無料で読む方法をチェックする

「八男って、それはないでしょう」の感想まとめ

 

「八男って、それはないでしょう」の原作は小説ですが、漫画だけのオリジナルの話も含まれるので、小説を読んだことがある人も楽しめる内容です。

主人公が能力が高く、万能であることから訪れる試練や困難をさらっとかわしてしまうので物足りなさを感じている人も多い様子です。

話の展開されるスピードが早いので飽きずに読める印象です。

今後の主人公ヴェルの活躍に期待です!

原作読んでから漫画読んだので、最初のあたりザックリ省略されててモヤッた。 ただ、読み続けていくとどんどん面白くなるので、漫画から読めば入りやすいと思います(^ν^)

小説もマンガ版も読んでますが、両方面白いです! 主人公チートだけど何だかんだ巻き込まれ不憫具合が良いです

同名の小説のコミカライズ版です。原作の流れでは主人公以外にメインを張る人たちが登場するシーンからスタート、タイトルに書いたとおり、オリジナルの話もあってお勧めできます。

内容が面白く楽しいです。早く続きを見たいので続刊に期待してます。

展開が早いのでサクサク読める。従者との関係やらなんやら楽しみ。

「八男って、それはないでしょう」を無料で読む方法

「八男って、それはないでしょう」は「FOD」というオンデマンドサービスで読むのをオススメしています。

これを使えば【無料】で「八男って、それはないでしょう」を読むことが可能です。

FODはフジテレビのサービスで、ドラマやお笑い、映画などが見放題の動画配信サービスです。

 

実はこのサービスでは漫画も読むことができるんです。

もちろん「八男って、それはないでしょう」も読むことができます。

 

このサービスの特徴は31日間の無料お試し期間が付いていることです。

毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、

そのポイントを使用すれば「八男って、それはないでしょう」を読むことができます。

 

31日間の間に読んでしまえば【無料で】「八男って、それはないでしょう」を読むことができるんです!

登録後に「八男って、それはないでしょう」とサービス内で検索して見てください♩

>>「八男って、それはないでしょう」を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です