明石家さんまの息子「二千翔(にちか)」の現在は?実の息子ではない?

明石家さんまと大竹しのぶがテレビで対談したことで、息子の二千翔(にちか)さんについても話題になっています。

明石家さんまとの関係は今どうなっているの?、大竹しのぶとの関係はいいの?などについてまとめていきます。

二千翔(にちか)さんのプロフィールは?

二千翔(にちか)さんは、実は明石家さんまとの血縁関係はありません。

1985年生まれで大竹しのぶの前の旦那との間に生まれた子供です。

名前は「二十一世紀にはばたいて欲しい」という意味が込められているようです。

前の旦那はドラマのディレクターをしていたのですが、二千翔(にちか)さんが二歳のときにがんで亡くなってしまっています。

前の旦那が亡くなった翌年に大竹しのぶは明石家さんまと再婚しました。

 

今は大竹しのぶとIMARUの仕事のサポートをするという仕事をしています。

1985年生まれ、東京在住。 趣味は読書とカラオケ。人と話すのが好き。 慶應大学卒業後、アメリカで就労。一年半で飽きて帰国。 芸能事務所にて大竹しのぶとIMALUのマネージメントを担当後、芸能情報総合サイト「narrow(ナロー)」を運営。現在に至る。 好きな話題は音楽、エンタメ(芸能)、ビジネス、IT他

今は更新されていませんが、ツイッターのアカウントがこちらです。

https://twitter.com/nichika1985?s=20

 

二千翔(にちか)さんと明石家さんまの関係は?

明石家さんまは子ども達に、自分を「ボス」と呼ぶように言っていました。

IMALUは明石家さんまと大竹しのぶの間に生まれた子供なので、二千翔(にちか)さんに配慮してそのようにしたのかもしれません。

明石家さんまは二人を差別することなく愛を注いでいたそうです。

今でも二千翔(にちか)さんは「尊敬する人はボスです」と話しているとのことで、二人の信頼関係の強さがわかりますね。

離婚してもさんま、大竹しのぶ、IMALU、二千翔の全員で集まることがよくあるようです。

 

明石家さんまと大竹しのぶは離婚という形を選ぶことになりましたが、離婚しても二人の親であり続けるというのは非常に素晴らしいことだと思います。

離婚が増えている中で、離婚しても親であり続けるということが常識になっていってほしいと思います。

二千翔(にちか)さんに関するツイッターの反応

さんまと二千翔さんの関係は何度かテレビで紹介されており、その関係に感動するというという人が多かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です