「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を徹底レビュー!ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

 

主人公は、28歳の女性・永田カビ。

性的な経験もなく、高校を卒業してから10年がたちました。

その間も息苦しさ感じる生活を送ってきました。

主人公の永田カビは、自分を解き放つためにある行動へでます。

それが「レズビアン風俗」でした。

作者である永田カビが送るエッセイ漫画です。

>>「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を無料で読む方法をチェックする

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」のあらすじ

 

28歳の女性・永田カビ。

満たさない気持ちと息苦しさを感じながら生活を送っていました。

性的な経験もなく、寂しさと人恋しさを感じある行動にでます。

インターネットで検索した「レズビアン風俗」へ足を踏み入れます。

 

物語では主人公である永田カビの寂しさを感じさせる人生がつづられています。

永田カビは、いつも心のよりどころを探していました。

親戚や両親からの何気ない言葉に、永田カビが傷つく姿が映ります。

何のために働いているのかも分からない状態でした。

必要とされたいその気持ちが原動力になっていましたが、永田カビの身も心もボロボロでした。

主人公の永田カビは自傷行為からはじまり、自分は食べる価値がないと言い聞かせ絶食することを選びます。

そこから拒食症状がひどくなると、次は過食症状が現れてきました。

精神的にも不安定な状態が続き、うつの症状や自分自身の毛を抜く行動から抜毛症へと苦しい状態が続きました。

永田カビは自分の体が弱くなっていくことで、居場所を作ろうとしていました。

 

主人公の永田カビは、それでも必要とされる場所と両親に認められたいという気持ちから正社員として働くことを決意し就職活動をします。

面接で一番多く聞かれた質問が、永田カビの人生を少しずつ変えていく、きっかっけを作ります。

本当に一番やりたことは何か…

永田カビの心の中には、漫画を描きたいという気持ちがあることに気づきます。

そのことを話すと中には親身になってくれアドバイスをくれる面接官もいました。

 

その中でもパンに関わる仕事の面接を受けに来た時のことでした。

漫画の話をしていいる時の永田カビは輝いている、そういった気持ちで仕事を頑張って欲しいと思っていると話します。

だから漫画を頑張って欲しいと、永田カビの心の中に眠っていた漫画を描くことに対する思いを後押ししてくれました。

 

ここから、漫画家としての新たな永田カビの歩みがはじまります。

 

>>「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を無料で読む方法をチェックする

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」の結末は?

 

永田カビが漫画家として歩んでいこうと決心した日から、悩みながらも歩んでいく姿が描かれています。

もちろん漫画家として仕事していくことは簡単なことではありません。

挫折を繰り返しながらも、経験を少しずつ積み重ねていきます。

それと同時に、主人公である永田カビは、あらためて母親との関係性を思い返し、自分なりに苦しみをこえていこうと行動する姿勢を感じます。

>>「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を無料で読む方法をチェックする

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」の感想まとめ

 

著者である永田カビが、さびしさのあまりレズ風俗に行ったという趣旨のタイトルではあるものの、主人公の生い立ちや経験の部分にフォーカスされています。

主人公と同じように人生に息苦しさを感じている人にとっても心に残る作品と言えます。

漫画家として歩みだしていく姿に励まされる部分も多いのではないでしょうか?

永田カビの置かれている状況に心配する声も多く見られました。

この手のノンフィクション漫画は多々あるが、まずタイトルが抜群。 最後の「レポ」は無い方がよいと思うが、とにかくレズ風俗という単語が目を引くし、この絵柄だから女性も安心して手に取れる。 話題になったのも頷けるね。 ただ、レズ風俗その ものは、この作品の真のテーマではなかった。 レズ風俗がどういうものなのか詳しく知りたいと思って、この作品を読み始めた人は、がっかりするかもしれない。 また、作者の置かれた状況(病状)は「ちょっとさみしい」程度ではなく、想像以上にキツいもの。 かつ、スッキリするラストは用意されておらず、「この作者は、まだ危険な状態にあるんじゃないの?」と感じてしまう。ちなみにその予想が当たっていることは、次作「一人交換日記」を読めば分かる。

もともとアダルトチルドレン気質のある方が鬱になったらこんな感じかなと。自分の気持ちがわからないところは特に鬱だったときの自分とよく似ていました。漫画を描いた後も悩んでいらっしゃるようなので漫画を描くことをやめないで欲しいなと思います。

なんかいろいろ親のこととか共感出来るとこあって分かるなと思いながらスっと読めた。レズ風俗に興味を持ってしまった私がいる…

摂食障害の人の気持ちとか、コミュ出来ない人のリアルな気持ちとか、心理とか、素直に自分を認め、見つめ、さらにそれを世に出す勇気。出したからと言って、解決はしないけど、さらに自分を知って行く勇気に感動しました。作者のように病的に落ち込んでは、いないけど、人は、闇を持っています。そして、自分を大切にする意味を何人の人が持っているのか、と考えたら、私はどうなんかな?とさえ、思います。続きを早く読みたいです。

親とか周りの目が気になって、でもどうしようもなくて身の置き場なくて。。今の私がとても似たような環境なので泣きそうになりながら読みました。私も、なにかやりたいことを見つけられたらなぁ

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を無料で読む方法

「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」は「FOD」というオンデマンドサービスで読むのをオススメしています。

これを使えば【無料】で「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を読むことが可能です。

FODはフジテレビのサービスで、ドラマやお笑い、映画などが見放題の動画配信サービスです。

 

実はこのサービスでは漫画も読むことができるんです。

もちろん「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」も読むことができます。

 

このサービスの特徴は31日間の無料お試し期間が付いていることです。

毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、

そのポイントを使用すれば「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を読むことができます。

 

31日間の間に読んでしまえば【無料で】「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を読むことができるんです!

登録後に「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」とサービス内で検索して見てください♩

>>「さびしすぎてレズ風俗に行きましたレポ」を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です