「とりかえ・ばや」を徹底レビュー!ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

平安時代の物語「とりかへばや物語」を元になっています。

さいとうちほがアレンジを加えた、古くも新しさを感じさせます。

ベテランとも呼ばれる、さいとうちほ。

どのように「とりかへば物語」を絵を描き表現するのか見ものです。

 

権大納言藤原丸光の同年同日に生まれた、ふたりの異母兄弟。

女の子は紗羅双樹の姫君、男の子は睡蓮の若君と呼ばれます。

紗羅双樹の姫君は、男らしくて活発な子供でした。

一方で睡蓮の君は、内気で男嫌い、まるで乙女のよう

事の流れで性別を偽って生きる道を進み始める、男女が逆転するストーリーです。

>>「ゴミ屋敷とトイプードルと私」を無料で読む方法をチェックする

「とりかえ・ばや」のあらすじ

権大納言のふたりの奥方が同年同日に、子供を出産しました。

西の対で生まれてきたのは、女の子の沙羅双樹の姫君。

東の対で生まれてきたのは、男の子の睡蓮の若君。

ふたりは双子のように、同じ顔をしていました。

「きっと前世からの強い絆があるに違いない」

お殿様は強い絆を感じます。

 

その後も、沙羅双樹の姫君と睡蓮の若君は、そっくりに成長していきます。

沙羅双樹の姫君は活発で、周りの人たちが若君と間違えるほどでした。

睡蓮の若君は、部屋で遊んでいることが多く正反対のふたり。

 

また、男が苦手で父親を見ても逃げてしまします。

その仕草は、まさに女そのものです。

沙羅双樹の姫君は、女であることを隠し男としての道を選びます。

ふたりは、性を偽ったまま成人の儀を迎えたのです。

 

そのことを知っているのは、両親と信頼のある家来のみ。

そんな中、睡蓮が入内を目論んでいるのではと勘ぐっていた梅壺の女御が居ました。

ある時、性別が違うのではないかと気づきはじめます。

 

あれやこれやと、さまざまな悪事を働き、沙羅双樹を悩ませます。

また、沙羅双樹は性別を偽ったまま結婚。

性別は入れ替わったものの、ふたりは懸命に宮仕をこなします。

ただ、美貌と才覚が目立つことから、恋愛沙汰に巻き込まれていきます。

>>「とりかえ・ばや」を無料で読む方法をチェックする

「とりかえ・ばや」の結末は?

ふたりの入れ替わりを確信する梅壺。

沙羅の親友、同僚は男である沙羅に恋心を感じ戸惑い。

沙羅は男として結婚、そして女として妊娠してしまう沙羅。

睡蓮自身も、ある思いに気づき始めます。

 

そして・・・衝撃的な行動に移ります。

果たして、男女が逆転し人生を歩み始めた、ふたりの子供の結末は

ぜひチェックしてみてください!

>>「とりかえ・ばや」を無料で読む方法をチェックする

「とりかえ・ばや」の感想まとめ

「とりかへばや物語」を知っている人でも楽しめる内容と言えます。

さいとうちほのとりかえ・ばや、元となる物語とは違った色を放っています。

夢中になって一気に最終巻まで読んだ人も多いのでは?

美しい!

さいとうちほさんは官能的な絵を描くので、平安時代の古典の優美さとエロディックさがよく出てますね。

とりかえばやといえば、氷室冴子さんの「ざ・ちぇんじ!」なんですが、また違った印象で面白いです。

数々の危うい関係が出てくる作品なので、どんなふうに描かれていくのか楽しみです。

女とは知らず、沙羅に想いを寄せてしまう石蕗。

そして男とは知らず、睡蓮に心を開く女東宮。

それぞれの想いが交錯する中、沙羅と睡蓮の前に現れた人物は!?

三巻にしてすでに恋愛模様が混迷を極めてきている気がする。

沙羅と睡蓮が性別を偽っているがために、本人達はもちろん、何も知らない周囲まで苦悩している。これは実にしんどい展開。

沙羅と四の姫と石蕗の謎の三角関係がもう泥沼。子供まで出来ちゃった以上責任とれよって感じだけど、ここにきて石蕗に秘密がばれたらまたさらにややこしい展開になりそうだ。四の姫かわいそうだから何とかしてほしい。

睡蓮も東宮様を好きになっちゃったみたいだけど、これどうするんだろ?

たまたま高校の授業中に解いた問題集でとりかえばや物語について知ったのをきっかけに五巻までいっきに読んでしまいました。五巻では特に沙羅双樹が石蕗の子を宿すところから始まり、それゆえの沙羅の苦悩とそれを知らない睡蓮の苦悩等を描いています。続きが楽しみになって仕方がないくらい面白い展開になっています。古典が好きでない人でも読みやすく勉強になるのでおすすめです。一巻から通して読むことをオススメします☆

さいとうちほ版とりかえばやの真骨頂はここからはじまると言っても過言ではない。

吉野の宮のある秘め事や東宮廃嫡陰謀の動きの為、立場を入れかえて宮中に戻ることになった双子姉弟。沙羅こと睡蓮尚待には、三の姫というライバルが現れるが、彼女もなかなかいい性格している。

平安ファンタジーではなく、仕事をする古代人の覚悟として心得ると、人生訓が得られそうだ。

予告を見るかぎり、この双子、まだまだ相手方の因縁に囚われていく模様。ますます目が離せない。

さいとうちほは男女ともの心理を炙り出すのが上手い!

ぜひとも本作に講談社漫画賞を与えてほしいものだ。

平安時代の「とりかえばや物語」を、さいとうちほ氏が現代風アレンジで描ききった当作品。

少女マンガらしく、キュンキュンする描写はもちろんのこと、大人が閲覧しても「あー!わかる!」となる男女の恋愛模様もしっかり入っています。

女性の地位が低く、身分の高い男性に選ばれることしか幸せがなかった古の時代。

作者が、主人公の沙羅双樹、睡蓮はもちろんのこと、脇を固める三の姫、四の姫、南天の姫君、悪役の梅壺の女御など、女性を強くしなやかに描いているところが原作と違い、とても印象的でした。

ときの帝、吉野の君、石蕗と、麗しく高貴な男性人物も、今の時代なら浮気者になってしまうところを、上手に描いてくださっていると思います。

キュンが足りない大人の女性にも、これからキュンとしたい女の子にも、はたまた、古典文学が好きな男性にも、読んでもらえたらうれしい漫画でした。

完結まで一気読み、特におすすめです。

「とりかえ・ばや」を無料で読む方法

「とりかえ・ばや」は「FOD」というオンデマンドサービスで読むのをオススメしています。

これを使えば【無料】で「とりかえ・ばや」を読むことが可能です。

FODはフジテレビのサービスで、ドラマやお笑い、映画などが見放題の動画配信サービスです。

 

実はこのサービスでは漫画も読むことができるんです。

もちろん「とりかえ・ばや」も読むことができます。

 

このサービスの特徴は31日間の無料お試し期間が付いていることです。

毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、

そのポイントを使用すれば「とりかえ・ばや」を読むことができます。

 

31日間の間に読んでしまえば【無料で】「とりかえ・ばや」を読むことができるんです!

登録後に「とりかえ・ばや」とサービス内で検索して見てください♩

>>「とりかえ・ばや」を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です