「透明なゆりかご」を徹底レビュー!ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

 

透明なゆりかごの舞台は産婦人科。

主人公は高校3年生になる華(ばっか)。

彼女は母親にすすめられて産婦人科で見習いの看護師として働きはじめます。

その時、普段の生活では感じることができなかった小さな命に気づきます。

中絶・出産を通して命を考え、命を感じます。

あらためて命のついて考えるきっかけをくれる物語です。

>>「透明なゆりかご」を無料で読む方法をチェックする

「透明なゆりかご」のあらすじ

 

主人公は高校3年生の華(ばっか)。

高校3年生の夏休みのことでした。

主人公の華(ばっか)は、母親にすすめられて産婦人科でバイトをすることが決まります。

バイトとして入って来た主人公の華(ばっか)の仕事は、主に雑用や介助が仕事でした。

まだバイトをはじめたばかりのタイミングで、中絶と出産の現場に関わったことで産婦人科の厳しさを感じていました。

 

中絶は胎児を育てることを終えるとともに、母親である母体にも危険がある手術です。

母親のおなかの中から出された胎児は、とても小さくフィルムケースのような容器に入れられてます。

中絶された胎児をフィルムケースに入れることが、主人公である華(ばっか)の仕事のひとつでした。

火葬場の業者の人へ中絶された胎児が何体あったのか、日々報告を繰り返していました。

主人公の華(ばっか)は、そこから命とは何かと考え始めます。

同じ産婦人科で、生きる者と死ぬもの者が分かれている姿を近くで感じていました。

 

突然、産婦人科へ訪れて何も持たずにやって来た妊婦(田中)は、子供を出産後に姿を消してしまう事件が起きます。

生まれた子供は元気がなく低血糖状態が続きました。

その子供のお世話に華(ばっか)も関わっていました。

産婦人科から逃亡して後日、妊婦と男が一緒に病院へ訪れます。

しかし、不倫が発覚しまし男は女の元を去り、妊婦(田中)が育てることに決まります。

そこれから2カ月たった時、母である(田中)は病院へ訪れる姿はなく、後に子供が亡くなったことを聞かされます。

この時、主人公の華(ばっか)は命が失う恐ろしさを感じていました。

 

>>「透明なゆりかご」を無料で読む方法をチェックする

「透明なゆりかご」の結末は?

産婦人科の厳しさを身近で感じることになった主人公の華(ばっか)。

そこから、バイトをやめようと考えることもありました。

バイトを続けていく中で、命の力強さが主人公・華の気持ちを変えていきます。

小さな命の周りで起こる人間模様。

産まれてくることの尊さを、あらためて感じさせるエピソードが収まっています。

>>「透明なゆりかご」を無料で読む方法をチェックする

「透明なゆりかご」の感想まとめ

実際に妊娠そして出産に育児と経験している女性には、特に響くものがあります。

普段は見ることのできない産婦人科での仕事内容やさまざまな形の出産そして育児があることを教えてくれます。

すべてのエピソードが明るく幸せな内容ではないものの、あらためて周りにある小さな命を大切にしようという思いが強くなる作品です。

1話ずつ読み切り作品になっいているので、ストーリーの内容は濃いものの、読みやすくまとまっています。

 

色んな出産&育児があるんだなと初めて知ることができました。必ずしもハッピーエンドばかりじゃないけれど、とてもためになります。

私の隣ですやすやと眠る小さな命は、つい最近産まれました。 この漫画を読んで、この子がここにいることは、本当に奇跡の連続だったのだと思わされました。 子どもをめぐる問題に幅引く触れるこの漫画は、育児に疲れた時に読むと心が洗われます。 涙無くしては読めませんが、決して、お涙頂戴、といった内容ではありません。 考えさせられ、自分の無力さを思う時もあります。 全世界の子どもが幸せであればいいなと思いますが、きっとそれは難しいこと。 だから、せめて、私のところに来てくれた命を大切にしていきたいと感じました。

全巻読んでいますが、全て読み応えのある内容の濃い作品だと思います。少し前の時代にはなるものの、産婦人科の裏側が見えたり(技術的な面はともかく、本質は変わらなさそう)、様々な事情を抱えた人達の妊娠出産にまつわるエピソード、また後日談など、基本一話読み切りなのによくまとまっていて、いつもあっという間に読み終わってしまいます。

子供が2人いますが、読んだ後に子供たちを抱きしめたくなる作品でした。 中絶で亡くなる赤ちゃんが、こんなにたくさんいることも知らなかったです。一冊読むだけで何回も知らず知らずのうちに涙が出てきます。 不可能なことはわかっていますが、全ての赤ちゃんが無事にこの世に産まれ幸せな人生を送れたらいいのに…と心から思いました。読んでいない方に是非読んで貰いたい作品です

育児に追われて息切れするような毎日を送る自分にとって、涙無しでは読めない作品です。子供が愛しいとか大事だとか産まれてくれてありがとう、て気持ちを思い出させてくれて、日々の自分を反省させられます。

「透明なゆりかご」を無料で読む方法

「透明なゆりかご」は「FOD」というオンデマンドサービスで読むのをオススメしています。

これを使えば【無料】で「透明なゆりかご」を読むことが可能です。

FODはフジテレビのサービスで、ドラマやお笑い、映画などが見放題の動画配信サービスです。

 

実はこのサービスでは漫画も読むことができるんです。

もちろん「透明なゆりかご」も読むことができます。

 

このサービスの特徴は31日間の無料お試し期間が付いていることです。

毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、

そのポイントを使用すれば「透明なゆりかご」を読むことができます。

 

31日間の間に読んでしまえば【無料で】「透明なゆりかご」を読むことができるんです!

登録後に「透明なゆりかご」とサービス内で検索して見てください♩

>>「透明なゆりかご」を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です