「うなぎ鬼」を徹底レビュー!ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

 

「うなぎ鬼」は高田侑の原作を落合裕介が作画を手掛けた共同作品です。

主人公は倉見勝は借金を背負い苦しんでいました。

苦しい状況の時に、ある社長に主人公の倉見勝は拾われ救われます。

社長から紹介された仕事に励みます。

そこから表向きの仕事とは違った裏の世界へ足を踏み入れます。

裏の世界で与えられた仕事とは…

>>「うなぎ鬼」を無料で読む方法をチェックする

「うなぎ鬼」のあらすじ

主人公の倉見勝は、大きな借金を抱えていました。

ギャンブルが好きだった倉見勝は、ギャンブルにハマってしまい知り合いにお金を借りる日々を送っていました。

しかし、その借金は膨れ上がり手に負えない金額に。

 

借金まみれの倉見勝の目の前に、ある社長が現れます。

社長から紹介された仕事を引き受けますが、どうやら普通の仕事ではないようです。

 

仕事の内容は指定されたコンテナを運ぶ作業ですが、その仕事の報酬が15万円と高額でした。

主人公の倉見勝も引き受けた仕事に対して怪しさを感じていました。

しかし社長に恩があることから断ろうとはしませんでした。

 

それから社長とともに理髪店へ行き、丸坊主にしてもらい眉毛もそられ、社長からもらった服装に着替えます。

 

主人公である倉見勝の見た目を変えた理由は、「印象で相手を食うため」だと社長は話します。

口数がもとより少ない倉見勝を褒め、そういった人物は、この業界では好まれるということを伝えます。

 

社長は最後に倉見勝にいいます。

嫌われ者になれ、嫌われることでお金になる。

 

次の日の朝、社長と倉見勝を含めた3人である場所に向かいます。

マルヨシ水業という場所に付きますが、異様な雰囲が漂う場所でした。

生臭さと熱気を感じながらも配送を手伝います。

 

仕事で引き受けたコンテナには何が入っているのか倉見勝は知りません。

どうやらその中身は、お金になるものらしい…

この仕事の正体とは…

 

>>「うなぎ鬼」を無料で読む方法をチェックする

「うなぎ鬼」の結末は?

主人公の倉見勝は、謎のコンテナを運ぶ仕事を引き受けます。

しかし中身など詳細は聞いてはいけないと言われています。

マルヨシ産業の異様な雰囲気から、さまざまな想像が頭をよぎります。

コンテナを運んでいる最中に叫び声や物音が聞こえ、恐怖感がよりかき立てられます。

ある場所へコンテナを運んだ帰りにホルモン屋へ出かけます。

そこで肉を口にした倉見勝は違和感を覚える…

 

>>「うなぎ鬼」を無料で読む方法をチェックする

「うなぎ鬼」の感想まとめ

裏の世界へ足を踏み入れることとなった主人公の倉見勝。

引き受けた仕事の謎がラストに向けて明らかになっていきます。

衝撃的なラストが待っているので必見です。

全3巻でコンパクトに話がまとめられているものの、内容は濃い印象を受けます。

何だかわからない恐怖感をこの作品で味わってください。

 

ラストが怖いです。。。倉見さんの撒いた種とはいえ、もやっとする終わり方がまた良かったです。社長の千脇は優しいのか、何かあるのかは分かりませんが好きなキャラです。

ジェットコースターに乗ってる様な感覚になる漫画 テンポも良くスラスラ読みやすしキャラもしっかり確立されてていい 不満をあげるなら伏線をもっと張って欲しかった 兄妹の絆が全然見えないし妹に限っては自業自得と思われる描写で兄に感情移入しにくいのが… 確かにたった一人の家族なら鬼になるだろうが色々なエピソード入れてた方が兄の行動に納得がいった

ビューは苦手なので箇条書きっぽくなりますが… 非常に面白かったです。 漫画というよりドラマを見ているような感覚でしょうか。 はじめは単純に裏社会系の漫画が読みたいな、 くらいの気持ちで読み始めました。 非常にシンプルで奥の深い話です。 読み始めたばかりの一巻の頃と最終あたりでは 登場人物の印象、漫画自体のイメージが ガラリと変わりました。 漫画の筋が変わったわけでもないのに不思議です。 側面ってすごい。 何より終わり方が最高でした。 みなさんはラスト後をどう考えるのかわかりませんがモヤっとした感じは受けないと思います。 答えのない答えというのでしょうか。 多少、残酷な表現がありますが、 それが大丈夫で、この作品に興味を持った方にならとてもおすすめです。 非常に面白かったです。

こわいから、人は真実が何かを知りたいものです。 その「ある部分」を上手く描ききった作品だと思います。 物語と関係ない話で申し訳ございません。 以前、私の知り合いだった方の話ですが、金銭トラブルがあった相手に軽い暴力をふるい、警察のお世話になったというケースがありました。 その方は相手に騙されておりましたが、お金をより多く回収できるよう話し合っていました。 その話を聞いた時、私は法的手段をとるようにおすすめしました。その方が貸金業なら話は早かったでしょう。しかし、個人的に信頼という感情があったのですね。騙された恨みつらみもあったでしょう。 長いやり取りの結果、逆上し暴力をふるいました。 そうです、その時点で騙した人が「被害者」になったのです。 世の中の事件は複雑で、完全に一方的な悪だけではないんですね。 ただ、手を出した側はどうしても「加害者」になるのです。 この作品を読んで、後半部分で思い出したことです。 作中、正直なところ、最後はどうかなと思います。 ただ、手を下した人間の感情からすると、私の昔の知人のケースと被りました。 あまり書くとネタバレになりますのでこの辺で。 よくわからない恐怖を、そして身近にもある恐怖を、この作品で感じていただきたいです。 ※ややグロ表現はありますが、全編ではありません。

闇金ウシジマ君やカイジ系が好きな人にはハマると思います。 TVドラマのトリハダみたいな感じかな。 人間の怖さを描ききっていて、ラストはトリハダでした…。 オススメです。

「うなぎ鬼」を無料で読む方法

「うなぎ鬼」は「FOD」というオンデマンドサービスで読むのをオススメしています。

これを使えば【無料】で「うなぎ鬼」を読むことが可能です。

FODはフジテレビのサービスで、ドラマやお笑い、映画などが見放題の動画配信サービスです。

 

実はこのサービスでは漫画も読むことができるんです。

もちろん「うなぎ鬼」も読むことができます。

 

このサービスの特徴は31日間の無料お試し期間が付いていることです。

毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、

そのポイントを使用すれば「うなぎ鬼」を読むことができます。

 

31日間の間に読んでしまえば【無料で】「うなぎ鬼」を読むことができるんです!

登録後に「うなぎ鬼」とサービス内で検索して見てください♩

>>「うなぎ鬼」を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です