宇多田ヒカルのおすすめ人気曲8選!日本が誇る天才の名曲をご紹介

宇多田ヒカルは日本を代表するアーティストの1人です。

1998年にデビューしたのですが、デビューシングル「Automatic/time will tell」はダブルミリオンセールスを記録しています。

ファーストアルバムから現在のアルバムまでチャート1位を獲得。

数々の賞も受賞しています。

2010年「人間活動」という名目で活動を休止しましたが、2016年に本格的に復帰しました。

 

ここからは、私が思う宇多田ヒカルのオススメ曲8選を発表したいと思います。

宇多田ヒカルのおすすめ曲8選

Automatic

言わずと知れたデビューシングルです。

黄色いイスに座って歌う宇多田ヒカルが印象的です。

第41回日本レコード大賞「優秀作品賞」受賞しています。

第14回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞しています。

2000 年「JASRAC賞」金賞受賞しています。

1998年12月9日、Singleとしてリリースされています。

First Love

代表曲とも言ってよい失恋ソングです。

ドラマ「魔女の条件」の主題歌として起用されていました。

透明感のある歌声が印象的です。

1999年4月28日、Singleとしてリリースされています。

Can You Keep A Secret?

ドラマ「HERO」の主題歌として起用されていました。

当時ロボットと共演したPVも話題になりました。

第16回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞しています。

2002 年「JASRAC賞」銀賞しています。

2001年2月16日、Singleとしてリリースされています。

traveling

NTT docomoのCMソングとして起用されていました。

色彩豊かな色使いが印象的なPVです。

当時まだ出始めだったCGもふんだんに使っています。

第16回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」「ミュージック・ビデオ・オブ・ザ・イヤー」受賞しています。

2003 年「JASRAC賞」銀賞しています。

2001年11月28日、Singleとしてリリースされています。

SAKURAドロップス

こちらも色鮮やかなPVが印象的です。

第17回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞しています。

2002年5月9日、Lettersと共に両A面Singleとしてリリースされています。

Flavor Of Life -Ballad Version-

ドラマ「花より男子」のイメージソングとして起用されていました。

シングル・オブ・ザ・イヤーを始め、7つの賞を受賞しています。

2007年2月28日、Singleとしてリリースされています。

Be My Last

映画「春の雪」の主題歌として起用されていました。

第20回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞しています。

2005年9月28日、Singleとしてリリースされています。

誰かの願いが叶うころ

映画「CASSHERN」の主題歌として起用されていました。

PVでも映画の出演者と共演しています。

第19回日本ゴールドディスク大賞「ソング・オブ・ザ・イヤー」受賞しています。

2004年4月21日、Singleとしてリリースされています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

1stアルバム『First Love』が累計売上枚数765万枚以上売れていたり、2007年発表の「Flavor Of Life」が世界1位を記録したりと名実ともに歴史に残るアーティストと言えるでしょう。

一度は聴いたことがある曲ばかりだったと思います。

今後の楽曲活動にも期待です!

宇多田ヒカル公式情報:http://www.utadahikaru.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です