山崎まさよしのおすすめ曲9選!one more time one more chance、セロリ以外にも名曲が多数!

2019年公開予定の映画、「影踏み」に出演が決まった山崎まさよしですが、最近ではアニメ作品の主題歌なども手掛けています。

日本を代表するメロディーメーカーとして多くの人気楽曲があります。

ここではそんな山崎まさよしの魅力を紹介します。

山崎まさよしとは?

山崎まさよしは今年、デビュー25周年を迎えます。

最近では大竹しのぶやKANなど、様々なアーティストとユニットを組んで、ますますその音楽センスに磨きをかけています。

今年の8月には「葉加瀬太郎サマーフェス」などにも出演が決まっています。

山崎まさよしと言えば「ONE KNIGHT STAND」

山崎まさよしの演奏スタイルとして有名なのが、定期的に行われる弾き語りライブ「ONE KNIGHT STAND」です。

このライブは、山崎まさよしがステージの上でたった一人でパフォーマンスを披露します。2時間近くにも及ぶライブの間、アコースティックギターやピアノ、ブルースハープなどを使って、たった一人で多彩な演奏を繰り広げます。

山崎まさよしはこのライブだけではなく、「ステレオ2」や「アトリエ」など、アルバム収録にも、一人での演奏にこだわって制作したものがあります。

山崎まさよしのおすすめ曲9選

月明かりに照らされて

山崎まさよしのデビュー曲です。このころのキャッチコピーは、「天才よりすごいやつ」でした。

アルバム「アレルギーの特効薬」に収録されています。

fat mama

ライブの時に観客が大喜びする曲です。

アルバム「HOME」に収録されています。

コイン

ファンクラブでの人気投票で1位となった曲です。

山崎まさよしのミニアルバム「ステレオ」に収録されています。

空へ

アニメ映画、ドラえもん「新・のび太の日本誕生」の主題歌になった楽曲です。

one more time one more chance

山崎まさよし主演の映画「月とキャベツ」と、アニメ「秒速5センチメートル」の合計2回もタイアップされました。まさに名曲です。

僕はここにいる

これも、山崎まさよしの代表曲の一つです。山崎まさよし主演のドラマ「奇跡の人」の主題歌となった楽曲です。

セロリ

昨年解散したSMAPにこの楽曲を提供したことがきっかけで、山崎まさよしが有名になりました。

八月のクリスマス

同じ「八月のクリスマス」というタイトルの、山崎まさよし主演の映画の主題歌となった楽曲です。

この映画は韓国映画のリメイク作品です。

まとめ

いかがでしたか?
ここでは山崎まさよしの近況や楽曲について紹介しました。

ここに紹介した楽曲以外にも、名曲と呼べるものがたくさんあります。アルバムやDVDもいいですが、お勧めはやはりライブに行くことです。

この記事を見ている皆さんも一度聞いて見てください。

最近では音楽だけではなく、映画の主演などもしている山崎まさよしから、ますます目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です