「闇の果てから」を徹底レビュー!ネタバレ・あらすじ・感想まとめ

主人公は、漫画家のアシスタントとして働く佐野貴子。

「闇の果てから」の作品は、連続幼児誘拐事件をベースに話が進みます。

主人公の佐野貴子は、幼少期に性暴力を受けた傷を持っていました。

ある出来事をきっかけに、自分の経験と重なってしまう。

恐怖症の症状が出てしまう中、ある男性が、彼女の前に現れます。

傷を持つ女性が、生き方を探しながら成長するストーリーです。

>>「闇の果てから」を無料で読む方法をチェックする

「闇の果てから」のあらすじ

主人公の佐野貴子は、漫画家のアシスタントとして働く中、絵本作家になることを目指していました。

彼女は、幼少期に性暴力被害を受けた過去を持っていました。

その傷は、そう簡単に消えるものではありません。

幼き頃の佐野貴子は、実の兄の担任からの性暴力被害に遭いました。

そして、そのトラウマを大人になった今でも、持ち続けていました。

ある日の朝、主人公の佐野貴子は愛犬と散歩へ出かけます。

愛犬が草むらで何かを見つけ、鳴き声で何かを知らせているかのよう。

そこには、無残に殺害されたお朝ない少女の遺体の姿がありました。

この光景を目の当たりにした、主人公の佐野貴子は、自身の過去の経験がフラッシュバックされてしまい気を失ってしまいます。

事件の第一発見者となった、佐野貴子の元に刑事の高橋克己が訪れます。

自分の過去と少女を重ね、事件にあった少女のことを佐野貴子は気にかけていました。

そんな美しい佐野貴子のためにも、事件を解決しようと、刑事の高橋は努力を重ねます。

次第に、佐野貴子と高橋の距離は縮まっていきます。

佐野貴子の男性恐怖症を解消したいとの思いがありました。

その気持ちとは裏腹に、またひとりの幼い少女が犠牲になる事件が起きます。

連続誘拐事件へと発展していきます。

この事件の犯人は、エンジニアの松永という男で、彼は幼女しか愛せなくなってしまう経験がありました。

松永は、「自分だけの天使」を探していました。

その行動は、公園やプールなどの場所で人知れず行われていました。

犯人は、ゆがんだ望みのために犯行に及びます。

そして最後の事件が起こります。

主人公の佐野貴子、刑事の高橋、犯人の松永、そして周りの人物にも転機が訪れます。

>>「闇の果てから」を無料で読む方法をチェックする

「闇の果てから」の結末は?

主人公の佐野貴子と刑事の高橋は、次第に恋愛感情を抱きはじめます。

互いに愛を育んでいく中で、幼い頃に受けた傷が表に出てきます。

ふたりが普通の大人の恋愛を望んでいるにも関わらず、幼き時の傷が邪魔をします。

身体を重ね合わせようとするとフラッシュバックが起きて、口からものを吐いてしまい、そのことに佐野貴子自身も苦しみます。

愛するひたりの未来、そして連続誘拐事件に終止符をうつことはできるのか。

>>「闇の果てから」を無料で読む方法をチェックする

「闇の果てから」の感想まとめ

「闇の果てから」の作品をきっかけに、性犯罪などについて、もう一度考えるきっかけになりました。

また、登場人物の心情がリアルに表現されていることから、重みがひしひしと伝わり、あるシーンが頭から離れないなんてことも。

犯人解決の糸口を掴むため、貴子は自分のトラウマと向き合い幼い頃レイプされた現場に向かう。 次の被害者は、刑事高橋の兄の娘(愛人との間に産まれた子)。加害者、被害者それぞれの家庭の姿が リアルに描かれたクライマックス。一生の傷と爪痕を残しながら、少女たちは生きていかなければならない。 性犯罪の刑罰は軽すぎると思う。

貴子は忌まわしい過去を克服すべく、事件後に預けられ生活していた伯父宅から実家に戻り、事件当時の状況を家族から聞き出すなど過去と向き合い、自分は悪くなかったと立ち直ることができた。一方、目撃情報などから松永の潜伏先を突き止めた警察が突入し逮捕、軟禁されていた三人目の被害幼女も無事保護された。著者あとがきによると、やはり’89年の東京・埼玉連続幼女誘拐殺人事件を基にしたらしい。性的暴行の被害者は「された自分が悪い」と激しく自分を責めてしまうようだが、周囲の協力のもと、どうか闇の果てから這い上がってほしい。

幼少期に性的暴力を受けて男性恐怖症になった方のお話です。 私の知り合いのご家族に、若い時職場の同僚複数人から性的暴行をうけ、70歳を超えた今も精神病院に入院されている方がいらっしゃるので、その方に比べると、このお話の主人公は軽症だったのだ なと思いながら読みました。目をそらさずに、たくさんの方にこういった作品を読んでもらい、このような性犯罪が二度と起こらない社会をみんなでつくっていく必要があると思います。

無料版を読み、犯人がきちんと逮捕され裁かれるのかが気になり、購入して全巻読みました。 この作品が書かれた時代から時が流れた今も、子供達を狙う犯罪は無くならず、時代が進んだ分、巧妙な犯罪も増えているようにも思えます。 防犯カメラ、地域の見 守り、社会が一体となり子供達を守っていかなければと考えさせられました。

登場人物すべての心情が丁寧に描かれていてとても上手いです。構図などにも作者のセンスを感じ、シンプルなモノローグでもぐっと胸に刺さります。テーマがテーマなだけに、おもしろいという言葉を使うのは不謹慎に感じますが、構成もわかりやすく読みやすく、良い場面も嫌な場面も心に残る作品です。名作だと思います。

「闇の果てから」を無料で読む方法

「闇の果てから」は「FOD」というオンデマンドサービスで読むのをオススメしています。

これを使えば【無料】で「闇の果てから」を読むことが可能です。

FODはフジテレビのサービスで、ドラマやお笑い、映画などが見放題の動画配信サービスです。

 

実はこのサービスでは漫画も読むことができるんです。

もちろん「闇の果てから」も読むことができます。

 

このサービスの特徴は31日間の無料お試し期間が付いていることです。

毎月8の付く日(8日、18日、28日)に各400ポイントがもらえるので、

そのポイントを使用すれば「闇の果てから」を読むことができます。

 

31日間の間に読んでしまえば【無料で】「闇の果てから」を読むことができるんです!

登録後に「闇の果てから」とサービス内で検索して見てください♩

>>「闇の果てから」を無料で読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です